通常表示
トップページ > ボランティアに協力する > リタイア犬ボランティア
リタイア犬ボランティア

リタイア犬ボランティアとは…

家でくつろぐ白い引退犬
 盲導犬・繁殖犬・PR犬の役目を終えた犬(リタイア犬)を家族の一員として
 迎え入れ、生涯愛情を持って育てて頂くボランティアです。


リタイア犬を引き取るためには

◆節度ある愛情をもって犬を飼育していただけること
◆犬を室内飼育していただけること
◆長時間(4時間以上)の留守番をさせないこと
◆健康管理に留意し、必要に応じて動物病院で処置をしていただけること
◆主に世話をされる飼育者が原則65歳以下であること
◆原則単身者でないこと
◆兵庫盲導犬協会の定額寄附(年会費6000円)にご協力いただけること
◆協会職員の助言を尊重していただけること
◆協会が必要とする犬に関するデータを提供していただけること
◆状況の変化(犬の死亡・引越し・再譲渡など)が生じた場合には必ず協会に報告していただけること

※登録をキャンセルする場合は必ずご連絡ください。

文字白ためし 


申込みの流れバナーピンク

1.お問い合わせ頂いた後、申込用紙と譲渡規定を郵送させて頂きます。

            ピンク矢印

2.届きましたら、リタイア犬譲渡規定をよくご確認頂き、家族の皆様がご了承頂けるようであれば
  申込用紙を記入後郵送願います。 *捺印を忘れないようにお願いします。

            ピンク矢印

3.譲渡条件を満たしているか等の確認のため、担当者より電話にてご連絡致します。

              譲渡までの流れメイリオ9紫

1.犬との面会
連絡後、面会の時間を設けさせて頂きます。必ず協会までお越しください。先住犬が居る場合はこの時に相性を見ることも出来ます。犬についての詳しい説明もこの時間でさせて頂きます。
*1~2週間程度の一時預かり制度を利用してもらうことも可能です。

            パープル矢印
2.譲渡手続き
受け入れのご意思確認が出来ましたら譲渡手続きとなります。

アルク②