通常表示
トップページ > 盲導犬の貸与
盲導犬の貸与

社会福祉法人兵庫盲導犬協会では、視覚障害をお持ちの方へ、
『盲導犬歩行』のご提案をしています。

貸与希望者と歩行訓練を受ける黒い候補犬「風を切って歩きたい」
「好きな時に好きな場所へ出かけたい」
少しでもご興味のある方はお気軽に兵庫盲導犬協会までお問い合わせください。
TEL.(078)995-3481

盲導犬の貸与条件

・ 身体障害者手帳の交付を受けた視覚障がい者(1級及び2級)

・ 盲導犬を室内飼育でき、愛情を持って飼育管理できること

・ 家族全員に盲導犬との共同生活に対する理解があること

・ 社会参加への意欲があること

・ 約4週間の共同訓練を受けられること

盲導犬貸与にかかる費用

当協会では、視覚障がい者へ盲導犬を無償で貸与しています。

盲導犬貸与に際して、一定期間の共同訓練を受けて頂く必要があり、訓練期間中の食費はご負担頂きます。

貸与後は犬を飼育する為に必要な物品、ドッグフード及び医療費は盲導犬使用者の負担となります。

自治体により一部助成を受けられる場合もあります。

※ ハーネス等盲導犬歩行に必要な物品は当協会から貸出し致します。

盲導犬貸与までの流れ

1. 問い合わせ
少しでもご興味のある方は、まずはお気軽に当協会へ直接お電話でお問い合わせください。
改めて担当者より詳細をご説明させていただきます。

2. 面接、申込み
担当者がご自宅に伺い、生活状況や盲導犬貸与を希望する理由などの聞き取り調査を行います。
合わせて現在の歩行状況の確認をさせていただき、「盲導犬体験歩行」を受けて頂くこともあります。
盲導犬との歩行は、白杖歩行と同等の歩行技術が必要になります。場合によっては、
共同訓練以前に白杖での歩行指導を受けることをお勧めすることもあります。
「盲導犬貸与申請書」にご記入いただき、正式に申込みを頂きます。

3. 共同訓練
一定期間の入所を伴う共同訓練を受けていただきます。訓練期間は、初めて盲導犬貸与を受ける方は約4週間、2回目以降の方は約2週間です。お仕事やご家庭の都合等で入所が難しい場合は、通所や自宅での訓練という方法で対応できる場合もありますのでご相談ください。

女性の使用者と歩く白い盲導犬4. 貸与後
共同訓練を終え、認定試験に合格すると盲導犬使用者(ユーザー)として歩み始めることになります。
貸与後は担当指導員がフォローアップを行い、盲導犬歩行状況の確認を行っています。困ったことがあれば随時相談に応じています。

盲導犬は10歳で引退します。引退時期が近づきましたら担当指導員より代替犬についてのご相談をさせて頂きます。

 

盲導犬貸与にご興味のある方は、まずはお気軽に当協会へご連絡下さい。

TEL.(078)995-3481